金額    期間の目安    ケミカルピーリング     種類     即効性     サイトマップ

banner

種類

banner

にきびと一言で言っても悪化度合いによって種類があります。白にきびや黒にきびといったにきびは炎症を伴わない初期段階のにきびで、この辺りでにきび治療を行うと短期間での治療が可能ですし、にきびの跡残りリスクを防ぐ事が出来ます。炎症を伴う赤ニキビになると、毛穴の中で細菌が増殖しており痛みも出てきますし、にきび治療を行ったとしても色素沈着等の跡残りが残る可能性が出てきます。そして膿を抱える黄にきびにもなると肌の奥にまで傷をつけてしまいクレーター状の跡が残ってしまう事もあります。
赤にきびや黄にきびのようなにきびに発展してしまう前ににきび治療を行うのが望ましく、炎症や膿が出て来るとすぐに皮膚科等にかけこんで専門の知識がある方の手でにきび治療を行ってもらうようにしましょう。早期治療を行えば早く治す事が出来るものですし、悪化させてしまうと跡が残ってしまい、その跡は中々治らないものもあり、何年も治療にかかる事もあります。にきびの種類によって対処法は変わるので、専門の方に治してもらうのが安全です。

Copyright(c)にきび治療. All Rights Reserved.