金額    期間の目安    ケミカルピーリング     種類     即効性     サイトマップ

banner

期間

banner

にきび治療における期間ですが、にきびの症状や状態にもよりますが最低2ヶ月から3ヶ月程は必要とされています。きちんと通院してその時の症状に合ったにきび治療を受ける必要があります。

また、新しいにきびを作らないように肌の状態を維持するところまでもっていくのに2ヶ月から3ヶ月はかかるとされています。
にきびは短期間で治るものではないのでどんなにきび治療をするにしても2ヶ月は続けてみないと効果があるかどうかを実感することができないのです。根気よくにきび治療することが大切です。
信頼できる医師であるならあば2ヶ月から3ヶ月は指示通りににきび治療を続けてみる必要があります。

治療をしていてもにきびが繰り返しできる場合もあったりします。
また、にきびが出来にくくなるまでには数年かかる人もいます。
治療を終了する時期については自己判断をせずに医師の指示に従うことが良いです。
にきび治療には個人差があるので一概には言えないということも知っておく必要があります。

また、治療方法によっては一時的に悪化したように見えることもあります。
ピーリングのように肌の循環を活性化させる方法です。
その場合、顔の皮膚が剥けてしまったりするので、肌の状況が治療しているのに悪くなったと感じるかもしれません。
ですがそのあと、皮が剥けて新しい皮膚が出てくるときれいになるのです。
このように治療法によっても一喜一憂するのでなく、長い目で見ないといけないものがあります。

Copyright(c)にきび治療. All Rights Reserved.